【ニンジャラ】ウェブダイアリー#3が公開!試合前のカスタム要素「シノビカード」で勝敗が分かれることも

いつもありがとうございます!管理人です。

Ninjala Developer Diary #3が公開されました!

今回明らかになった情報をまとめてみましたので、是非ご覧ください!!

 今回の要点は主に2つ
・ニンジャラがどのように運営されるのか・ゲームサイクルについて
・ニンジャラの成長要素について

 

1.ゲームサイクル

このゲームは長らく遊んでもらうための運営要素がてんこもり!

8週間~10週間を1シーズンとして、シーズン単位で運営をすすめます。

新しいシーズンの時には、新しい武器や新しいステージなど、ゲーム要素がどんどん追加されます。

 

1シーズンに1枚発行されるのが「ニンジャラパス」

シーズンの間利用できる、ゲームをより楽しんでいただく為の大変お得なパスとなっています。

こちらがニンジャラパスの画面

ニンジャラパスでは主にTier1-100段階までの「忍務」を扱います。

忍務を達成すると、難易度や達成具合に応じて報酬をもらうことができるので、やりこむことによってコスチュームやニンジャメダルなどを集めることができる仕組みになっています。

 

 

2.成長要素

ニンジャラでは成長要素として「シノビカード」システムを採用しています。

成長要素と言ってはいますが、レベルのようにやりこめばやりこむほど試合で有利になることはありません。

シノビカードとはガムボトルに装着することができる特殊なパッシブスキルのことで、能力をさらに引き出すことができます。

※パッシブスキルとは、常時発動型スキルやトリガー型スキルのこと。コマンドによって発動することはできない。

 

シノビカードを使い、コスト20の範囲で自分好みのキャラクターをカスタムすることができます。

現段階で判明しているシノビカード


「ヒュンヒュンバースト」 コスト12
シノビエナジーがたりなくても一度だけシノビバーストを発動することができる

 


「変化の達人」(master of change) コスト6
変化ゲージの容量を増やし、変化の持続時間を長くする

 


「ウォールシューター」 コスト9
ガムシュートのクールダウンが早くなる

 

ニンジャメダルを使い3段階あるアシストコードを開放していくことでシノビカードをより強化することができます。

シノビカードやニンジャメダルは、どちらもバトルを重ねることでゲットできます。

どんどん遊んでコンプリートを目指しましょう!

 

 

今回判明した情報は以上です!

ニンジャラというゲームの魅力の一つとして、キャラクターの成長が一試合で完結するというものがありますよね。

キャラクターの成長要素と聞いて「レベルのようなものがあるのか。差が開いていたら試合にならないんじゃないか」と最初はドキっとしました。

が、どちらかというとカスタマイズに近いので安心しました!

今回明かされたシノビカード、課金を必要としないのは朗報ですね!

課金についてのはっきりとした情報がまだないのは気になりますが・・・(笑)